Search
Generic filters
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt

圧縮空気を効率的にブローするためのSilventの技術

Silventの技術–空気圧の革命

Silventの技術として知られるSilventの特許取得済みの吹き付け技術は、層流エアジェットを利用して、圧縮空気をブローするときに通常発生する乱気流を最小限に抑えます。

乱流とは、さまざまな速度と角度で乱れ、変動し、空気に圧力変動を引き起こす流れを指します。 これらの圧力変動は音に相当し、鼓膜を振動させるのはまさにこれらの変動です。 Silvent技術は騒音のレベルを低下させます。 この技術は、気流の乱流の強度を低減し、人間の耳が知覚または害する可能性のある周波数範囲よりも高い周波数範囲でその音の大部分を生成します。 乱流の強度が低下すると、より多くのエネルギー入力が有向運動エネルギーに変換されます。 乱流による損失のこの減少は、噴出し力を維持するためのエネルギー入力の低下につながります。

ノズルの設計と形状は、ノズルを取り巻く空気の一部が比較的少ない抵抗でエアジェットに引き込まれ、より大きなブロー効果が得られることを意味します。 Silventエアノズルのすべての部品は、噴出し力、エネルギー消費、ノイズレベルの組み合わせを最適化するように設計されています。

Illustration of air flow from an Silvent air nozzle.

「ラバルノズルの設計、位置、および放出角度は、圧縮空気のポテンシャルエネルギーから指向性のある集中運動エネルギーへの変換を最適化することを目的としています。」

Silvent技術

技術開発

1.Silvent初となる特許は、層流噴出しながら、平行気流を発生させる多様な空力穴を通した空気の吹きつけと膨張を行うというものでした。この仕組みは、Silvent技術をさらに開発する際のあらゆる基礎となっています。開発段階の次のステップが、穴とスロットの置き換えです。これにより、今まで以上の吹き出し面積を実現し、結果として、噴出力が向上しました。空力穴を使うことで、圧縮空気を可能な限り有効活用し、層流噴出と低騒音レベルを保てるようになりました。

2.それ以来、Silvent社では、Silvent社が持つ既存の特許の組み合わせに基いたものを含め、多くの特許技術を所有しています。この技術では、セントラルラバルノズルを取り入れており、周辺ジェットに平行線を吹きつけながら、中心部で超音速ジェットを生成することができます。中心の噴出が横に広がることなく、圧縮空気の全てのエネルギーが、運動エネルギーへと移行されます。周辺部への噴出は、中心ジェットをより最適な吹つけ距離で最大限に活用し、周りの空気による妨害から中心ジェットを守ります。

3.製造の面では、Silventが持つ特許取得エアノズルの最新版は、セントラルラバルノズル技術を使っているだけではなく複雑な製品ですが、一連の噴出部全てにラバル技術を用いています。それぞれのラバルノズルが、連携して動きます。そのデザイン、位置、ラバルノズルの噴出角度は、圧縮空気のポテンシャルエネルギーを、指向性のある高濃度の運動エネルギーへ、最適に変換できるよう設計されています。(図3)これにより、圧縮空気を有効利用しつつ、騒音レベルは最低限に抑えるという、独自の組み合わせを実現しました。


 
現在Silvent社では、Pro One、 Pro One+ 、767-Lなど、新世代の特許取得エアノズルを備えた安全性の高いエアガンを数多く所有しています。安全性の高いエアガンには、おそらく数年前まではあり得なかったような特徴があります。効率化を可能な限り高めるため、Silvent社では主要なお客様との親密な協力のもと、調査、開拓、商品開発のすべてを行っています。

Silvent - Patented Air Technology

ブローアプリケーションに適したソリューションを見つけてください!

アプリケーションを改善するための提案をお手伝いさせていただきます。 以下の8つの質問に答えることから始めてください。早急にご連絡いたします。

Curved background

当社の製品の一部