検索
Generic filters
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Silvents pneumatic muffler with warning indicator, showing that it is time to replace the muffler.

何をお探しですか?

メンテナンスを容易にする圧縮空気用サイレンサー

空気圧バルブからの騒音は非常に危険です。 簡単な対策として、空気圧バルブの出口ポートにサイレンサーを取り付けることができます。 これにより騒音が削減されますが、多くの場合、操作が中断されます。 従来のサイレンサーのよく知られている問題は、フィルターが遅かれ早かれ汚染物質で詰まることです。 場合によっては、目詰まりの問題により、ノイズ抑制の優先順位が低くなります。

Silventのサイレンサーには、警告インジケータが組み込まれています。 一言で言えば、このテクノロジーにより、サイレンサー自体が、運転の中断を最小限に抑える動的内部フィルターのおかげで、流量容量と騒音低減の最適な組み合わせを設定できます。

Silventのサイレンサーを圧縮空気に使用する3つの理由

Silventのサイレンサーは、騒音レベル、停止のリスクを軽減し、メンテナンスを容易にします。内蔵の警告インジケータにより、背圧が高くなりすぎるリスクが軽減され、どのサイレンサーを交換する必要があるかを簡単に特定できます。

 

中断のない流れ

従来のサイレンサーでよく知られている問題は、フィルター(いわゆるディフューザー)が遅かれ早かれ汚染物質で詰まり、以下につながることです。

  • 費用のかかるダウンタイム
  • ローカライズが困難な誤動作
  • 爆発による負傷の危険

この種の問題を回避するために、技術者がバルブ排出ポートからサイレンサーを取り外すことがありました。したがって、目詰まりの問題により、ノイズ抑制の優先順位は低くなります。

空気圧システムでのサイレンサーの使用を簡素化するために、Silventのサイレンサーには外部ディフューザーと可動内部ディフューザーが取り付けられています。この技術により、サイレンサー自体が動的内部フィルターの役割を果たすおかげで流量と騒音低減の最適な組み合わせを設定できるため、操作の中断が最小限に抑えられます。 2チャンバーシステムでは、古い表面が詰まると、サイレンサーに新しいフィルター表面が供給されます。これにより、低い背圧と効果的なノイズ抑制が保証されます。また、サイレンサーの耐用年数を大幅に延長します。

Illustration of airflow in Silvent pneumatic muffler.

 

不要な停止を回避するためのインジケータ

従来のサイレンサーでは、詰まりの生じた時期を確認するのが困難な場合があり、メンテナンスがより難しくなるため、オペレーターに問題が生じます。詰まったサイレンサーを交換しないと、操作が中断したり、アプリケーションの効率が低下したりする危険があります。

メンテナンスを容易にするために、Silventのサイレンサーには巧妙な警告システムが装備されています。サイレンサーが詰まり、フィルター表面全体が使用されている場合、赤色の線で示されます。これは、どのサイレンサーを交換する必要があるかをオペレーターに示しています。

これにより、次のことが可能になります。

  • コストのかかるダウンタイムを最小限に抑える
  • 問題を注視できる
  • 労働災害のリスクを減らす
  • ノイズ抑制を優先する

 

効率的な騒音低減

圧縮空気は、有害な高い騒音レベルを生成する可能性があります。空気圧バルブを排気するとき、いわゆるサウンドスパイクが一般的であり、短期間でも有害な場合があります。したがって、可能な限り騒音のレベルを下げるよう努力することが重要です。機械の空気圧バルブの通気による騒音を減らす良い方法は、サイレンサーを設置することです。

Silventのサイレンサーは、空気圧バルブからの騒音を、サイレンサーのない出口と比較して最大30〜35 dB [A]低減します。10 dB(A)の削減は騒音のレベルが半分になることを意味するため、オペレーターにとって大きな違いになります。

1.背圧を最小限に抑える

2チャンバーシステムは、膨張容積が増加し、新しいフィルターが露出するにつれて背圧を低減します。

2.高い作業能力を維持する

サイレンサーは背圧に合わせて自己調節されます。つまり、機械の作業能力が維持されます。

3.目詰まりを表示

空気圧システムで問題が発生する前に、サイレンサーのフィルターが目詰まりしたことを明確に示します。

空気圧バルブの通気時の接続と圧力容量

サイレンサーを取り付ける場合、考慮すべき2つの側面があります。接続と圧力容量です。

他の空気圧機器とは異なり、サイレンサーの接続スレッドを密閉することはそれほど重要ではありません。これは、サイレンサーの主なタスクが、排気口からの音を減衰させる一方で、空気がそこを通って膨張するためです。サイレンサーの取り付けは簡単です。手作業で取り付けることをお勧めします。

圧縮空気システムの寸法を決めるとき、流出時間は、含まれている空気の体積と圧力に大きく影響されます。サイレンサーは、空気圧バルブの出口ポートで使用するように設計されています。これは、サイレンサーの圧力は供給圧力と同じではなく、それよりもはるかに低く、膨張する空気の量に依存することを意味します。したがって、サイレンサーの流量は、システム内の不必要な背圧を回避するための重要な考慮事項です。用途が背圧に非常に敏感な場合は、非常に大きな流量のマフラーを選択してください。マフラーを通過する最大流量の値は、5 barの圧力で測定されます。貫通流とは、バルブが連続動作しているときに「トリップ」せずにサイレンサーが放出する空気の量です。

当社の製品の一部