You are currently not visiting the preferred language for your location. Do you want to go to your preferred language?

検索
Generic filters
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt

圧縮空気のブローにSilventの製品を使用する理由

圧縮空気をブローするためにSilventの製品を使用する3つの理由:

  • 騒音レベルを50%低減*
  • エネルギー消費量を35%削減*
  • 怪我のリスクを軽減*

*オープン型のパイプとの比較。

 

Silventテクノロジーのおかげで、乱流を減らし、圧縮空気をブローするときに、より均一で滑らかでまっすぐなエアジェットを作成することが可能です。これは、層流エアジェットと呼ばれることもあります。

 

1.騒音レベルの低減

圧縮空気をブローすると、高レベルの騒音が発生し、オペレーターに悪影響を与える可能性があります。これに対処するために、Silventのセイフティエアガン、エアノズル、エアナイフは、圧縮空気ブロー時の騒音レベルを下げるように設計されています。これらの製品は乱流を低減し、騒音レベルの低減を可能にします。特別に設計されたエアノズルは、人間の耳が知覚または悪影響を与える可能性のある周波数を超えた範囲の周波数まで音の一部が上昇し、このことが騒音レベルを下げるのにも役立ちます。

 

2.労働災害のリスクの低減

圧縮空気をブローする場合、リスクに注意することが重要です。事故の統計では若年層における発生が多くなっていますが、これは多くの場合、圧縮空気の使用に関するトレーニングが不足しているためです。 Silventのエアノズルには、オペレータが誤ってノズルの空気吹き出し口を塞がないようにする特別な設計があります。吹き出し口を完全に塞ぐと、オペレーターに重大な傷害を引き起こす可能性があります。圧力が高すぎる場合(完全にブロックされている場合があります)、圧縮空気がオペレーターの皮膚に浸透する可能性があります。これは、空気塞栓症や脳出血などの重傷につながる可能性があります。 Silventの技術は、この種の負傷のリスクを最小限に抑え、国で定められた安全要件を満たしています。

 

3.エネルギー消費の削減

圧縮空気が実際にどれだけの費用がかかるかを知っている人はほとんどいません。エネルギー消費を減らすには、圧縮空気をブローするときに発生する乱流を減らすことが重要です。乱流発生によって無駄になるエネルギーが少ないため、より多くのエネルギー入力を使用して圧縮空気をブローすることができます。これにより、より効率的なブローが可能になります。 Silventの技術は空気の巻き込みも増加させます。つまり、圧縮空気が周囲の空気を吸い込みます。このようにして、より少ないエネルギーで同じ出力が達成されます。

誰もが良好な労働環境に対する権利を有しています

圧縮空気のブロー

セイフティエアガンは、あらゆる製造施設のいたるところで見られ、圧縮空気のブローに関する話題の中で最もよく頭に浮かぶ製品です。 セイフティエアガンは、主に清掃用具、機械、部品のほか、床や職場全体などに使用されます。

 

圧縮空気のブローは、次の目的で使用されます。

  • 清掃
  • 乾燥
  • 冷却
  • 仕分け
  • 輸送

 

このような用途では、流体に適したドリル穴またはノズルを備えた従来のオープンパイプが一般的に使用されます。 技術設計の計算はめったに実行されません。これは、基本的に、すべてのアプリケーションが大きすぎることを意味します。

産業における圧縮空気の使用

「圧縮空気のブローは、圧縮空気の全消費量の50%を占めます」

ブロー:50%

作動装置:20%

漏洩:15%

その他:10%

ツール:5%

Diagram showing that 50% of compressed air in industry is used for blowing with compressed air.

オープンパイプを圧縮空気向けのエアノズルに交換する

<オープンパイプ:

  • 製造業界では、圧縮空気のブローが世界中で使用されています
  • さまざまなサイズや材料で利用可能
  • 技術文書は一切ありません

 

ブローにオープンパイプを使用する際には、上手く機能することもよくありますが、欠点があります:

  • 乱流発生により、高レベルの有害な騒音を生成します
  • 膨大なエネルギーを消費するため、運用コストが非常に高くなります
  • 空気塞栓症などの重傷を引き起こす可能性があります

オープンパイプを使用したほとんどの設置は、事前の技術設計計算に基づいていません。つまり、それらの90%が非効率的で寸法が大きすぎます。 当社の製品とノウハウにより、オープンパイプ設備を交換し、大きなメリットを得ることができます。

オープンパイプサイレントエアノズル
パイプ内径騒音レベル空気消費量との交換騒音レベルの低減空気節約年間節約
ØdB(A)Nm3/h
dB(A)%
Nm3/h%
2
848MJ4
843%
450%
12064
2.5
8712MJ5
843%
217%
6032
3
9017MJ6
843%
318%
9048
4
9530X01
1769%
1653%
48256
5
99471011
1565%
2145%
63336
6
102679002W
2278%
3755%
111592
7
10592973
1973%
3437%
102544
8
108118703 L
1769%
5849%
174928
10
112185705 L
1973%
9049%
271440
12
116266X07
2075%
14655%
440336
14
119363710 L
1973%
14740%
443352
16
122474412 L
3489%
27057%
814320
17
123536715 C
2380%
22542%
678600
18
124599715 L
2075%
28748%
865592
20
126740720
2278%
32043%
965120
25
1311159735 L
2278%
39134%
1179256
32
1392677780 LA
2075%
92735%
2795832

具体例

オープンパイプØ10 mm(3/8 ”)SILVENT 705 Lに交換
年間作業時間:年間作業時間:
52週 x 5日 x 8時間 = 2 080時間52週 x 5日 x 8時間 = 2 080時間
1時間当たりのコスト1時間当たりのコスト
185 Nm³ x ¥1.45 =¥268.2595 Nm³ x ¥1.45 = ¥137.75
年間運用コスト = ¥557 960年間運用コスト =  ¥286 520

当社の一部製品