よくある質問

お探しの情報は見つかりましたか? Silvent の会社情報やソリューションについての詳細情報は、 お気軽に電子メールまたは電話でお問い合わせください。

Info@silvent.se

+46 (0)33 23 79 00

1. Silvent 製品が省エネを実現できた仕組み
Silvent の製品は、最も効率的に圧縮空気を使用できる Silvent テクノロジーを搭載しています。Silvent テクノロジーは乱気流を最小限に抑えつつ、同時噴射を使用します。特殊なノズル設計により、圧縮空気の噴射時に周囲の空気も利用します。Silvent テクノロジーの詳細はこちらをご覧ください。

 

2. OSHA について
OSHA は「労働安全衛生局(Occupational Safety and Health Administration)」の略語であり、米国で労働安全衛生法の実施を担当する連邦機関です。米国内における圧縮空気の使用は OSHA により規制されており、違反すると罰金が科されます。

 

3. エアガンに危険性が伴う理由
圧縮空気の吹き付けに伴うリスクは、主に次の 3 種類があります。

  1. 空気塞栓症:圧縮空気が(傷口などを通して)皮膚の下に侵入する場合に起きます。気泡は静脈に押し込まれ、血流を通って運ばれます。 気泡が心臓に到達すると、心臓発作と類似した症状を引き起こす危険性があります。気泡が脳に到達すると、脳卒中を引き起こす危険性があります。
  2. 聴覚喪失または耳鳴り:深刻な傷害であり、いったん発生すると完全には治癒しません。エアガンから圧縮空気を送り出すと、聴覚に有害な大きな騒音が発生します。
  3. 飛び散りや目の損傷:圧縮空気を吹き付ける作業に関連するリスクです。圧縮空気を使用した洗浄作業では、汚れ、液体、切粉などが作業者の方に跳ね返り、身体や目を損傷する危険性があります。

 

4. Silvent の製品が騒音レベルを低減できる仕組み
圧縮空気を噴射する装置では、オープンチューブが使用されることが多くありますが、これは乱気流を発生させ騒音を生み出す原因となります。Silvent の製品は乱流を最小限に抑え、均一で安定した空気層を作り出すことで騒音を低減します。
Silvent テクノロジーの詳細はこちらをご覧ください。

 

5. Silvent の製品は液体に使用できますか?
Silvent の製品は、日常的に圧縮空気を扱う作業員を支援できるよう設計されています。すべてのデータおよび技術情報は、圧縮空気を用いた実際のテストに基づいています。Silvent の製品では圧縮空気のみ利用できます。

 

6. 圧力を 30psi 以下に調整する必要がありますか?
OSHA の要件を満たす製品を使用している限り、その必要はありません。そうした製品は自動で圧力を調節するため、目詰まりの場合でも 30psi を超えることはありません。

 

7. Silvent 製品の特徴
Silvent の製品は、高い送風圧力と低い騒音レベル、そして低いエネルギー消費量を同時に実現しています。これは「Silventtekniken」と呼ばれる、Silvent の独自技術により実現しています。Silvent テクノロジーの詳細はこちらをご覧ください。

 

8. 製品データの入手先
技術情報および製品データは製品ページからご覧いただけます。製品ページを開く。

 

9. Silvent InTech について
InTech は Silvent の一部門で、鉄鋼やアルミの圧延現場における圧縮空気の利用装置に特化しています。InTech の主なゴールは、お客様の最終製品の品質を向上させることです。InTech の詳細はこちら

 

10. 圧縮空気により鉄鋼の品質を改善できる仕組み
圧縮空気は、鉄鋼からミルスケール、水やエマルジョンを吹き飛ばす有用な手段です。圧縮空気による洗浄を最適化することで、熱間圧延および冷間圧延の両方で表面欠陥を抑制し、品質を改善できます。鉄鋼業界における圧縮空気の利用についての詳しい情報はこちら

 

 11. 圧縮空気をエネルギー源として使用する利点

  • メンテナンス費用が低い
  • 過熱の危険なしに、長時間にわたって高い負荷に対応できる
  • 保存が容易
  • 搬送が容易
  • 高い清浄度を要求する製造現場でも使用できる