You are currently not visiting the preferred language for your location. Do you want to go to your preferred language?

検索
Generic filters
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Silvent air nozzle X07, X02, X01 with blue background

何をお探しですか?

圧縮空気による静かで効率的なブローのためのエアノズル

エアノズルは、一般的に工場内で圧縮空気をブローするために使用されます。 物の洗浄、乾燥、冷却、仕分け、輸送など。

Silventのエアノズルには2つの独自の利点があります

圧縮空気が実際にどれだけの費用がかかるかを認識している業界はほとんどありません。圧縮空気の生産は高価であるため、可能な限り最良の方法で圧縮空気を使用することが重要です。 Silventのエアノズルは、エネルギーの使用を最適化し、圧縮空気による静かで効率的なブローを可能にします。

 

エネルギー消費を35%削減

多くの製造業では、圧縮空気をブローするためにオープンパイプを使用しています。オープンパイプで上手く行くこともありますが、それは高価で非効率的なソリューションです。通常、オープンパイプは、圧縮空気をブローするときに大きな乱流を引き起こします。これは非常にエネルギー集約的です。したがって、エネルギー効率の高い方法で圧縮空気を使用するには、乱流を最小限に抑えることが重要です。これは、エアノズルを取り付けることで簡単に行えます。

圧縮空気を吹き付けるためのSilventのエアノズルは、エネルギーの使用を最適化し、均一で滑らかで直線的ないわゆる層状エアジェットを作成するように特別に設計されています。この設計により乱流が減少し、巻き込みが生じます。つまり、圧縮空気が周囲の空気を引き込みます。乱流にエネルギーが浪費されことはほとんどなく、エネルギー入力の大部分は圧縮空気をブローするために使用できます。これにより、エネルギー効率の高いブローが可能になり、Silventのエアノズルの設置により、エネルギー使用量を最大35%削減できます。

 

圧縮空気をブローするときの騒音レベルを下げる

圧縮空気をブローすると、多くの場合、工場内で高レベルの騒音が発生します。この理由の1つは、圧縮空気をブローするときにオープンパイプを使用することです。オープンパイプは、高音レベルを生成する乱流を作成します。騒音と高音レベルは、ブローアプリケーションの近くで作業する人々にとって有害であるだけでなく、集中力と作業環境の全体的な認識にも影響します。そのため、工場内の騒音レベルを下げることには多くの利点があります。圧縮空気をブローするときの音のレベルを下げるには、オープンパイプの全てにエアノズルを取り付ける必要があります。

Silventのエアノズルは、オープンパイプでブローする場合と比較して、圧縮空気をブローする場合の騒音レベルを低減します。これは、Silventのエアノズルを使用することにより、騒音源となる乱流が減少すること、また、ノズルが特別に設計されているためです。 Silventのエアノズルは、圧縮空気を小さな穴とスロットに通します。これにより、人間の耳が感知できる範囲を超える周波数まで音が上がります。これにより、静かで効率的な圧縮空気をブローすることができます。

適切なエアノズルを選択する際に考慮すべき3つの事項

特定の産業や用途に合わせて特別に設計された多くの異なるタイプのエアノズルがあります。 そのため、特定のブロー用途に最も効果的なエアノズルを特定することは困難です。 適切なエアノズルの選択は、次の3つのパラメーターに基づいて行う必要があります:噴出し力、ブローパターン、および材質。

高または低噴出し力のエアノズル

最初のパラメーターとして、噴出し力は実際の作業を担うものであり、それゆえ、最も重要視すべきものです。 オープンパイプによる既存のブロー用途では、パイプの内径が噴出し力を決定します。 新しく導入する際には、標準エアガンを使用して基準値を作成できます。標準的なエアガンの吹き付け力は約3 Nであることが一般的です。Silventの最小エアノズルの噴出し力は0.9 Nで、最も強力なエアノズルの噴出し力は270 Nです。""高または低噴出し力のエアノズル 最初のパラメーターとして、噴出し力は実際の作業を担うものであり、それゆえ、最も重要視すべきものです。 オープンパイプによる既存のブロー用途では、パイプの内径が噴出し力を決定します。 新しく導入する際には、標準エアガンを使用して基準値を作成できます。標準的なエアガンの吹き付け力は約3 Nであることが一般的です。Silventの最小エアノズルの噴出し力は0.9 Nで、最も強力なエアノズルの噴出し力は270 Nです。
Silvent air nozzle 780-LA.

円形または平らなブローパターンのエアノズル

2番目のパラメーターは、エアノズルによって生成されるブローパターンです。 一般論として、2つの異なるタイプ、つまり円形または平らなブローパターンについて説明します。 ブローパターンの選択は、オブジェクトのサイズと形状に大きく依存します。多くの場合、フラットエアノズルの方が効果的です。より広範囲の拭き上げ効果が得られるため、乾燥させることができます。 各ブローアプリケーションの選択はこれゆえそれぞれ異なるのです。

Silvent air nozzle-9002W-S.

エアノズル材質

3番目となる最後のパラメーターは、材質の選択です。 材質の選択は、多くの場合、アプリケーションの環境と、エアノズルの機械的摩耗のリスクがあるかどうかに基づいています。 また、オブジェクトの表面を傷つけないようにする必要があるアプリケーションもあります。ここでは、多くの場合、「ソフト」エアノズルが選択されます。 Silventのエアノズルは、ステンレス、亜鉛、アルミニウム、ピーク、ザイテル、EPDMなどのさまざまな材料で利用できます。

 

適切なエアノズルの選択についてお困りですか?

お客様のアプリケーションに最適なソリューションを選択するお手伝いをさせていただきます。 当社の担当者のいずれかにお問い合わせいただくか、以下のお問い合わせフォームにご記入ください。追って連絡させていただきます。

Silvent - Patented Air Technology

適切なエアノズルを見つけてください!

作業改善のためのエアノズルの提案をお手伝いさせていただきます。 以下の8つの質問に答えることから始めてください。できるだけ早くご連絡いたします。

Curved background

エアノズルの取り付け

エアノズルの設置は、最適で効率的な送風力を確保するために重要です。

供給ラインの適切な寸法

エアノズルを取り付ける場合、エアノズルが必要な性能を発揮できるように、供給ラインに十分な寸法があることを確認することが重要です。 これは、ノズルの全能力を利用するためにより大きな供給ラインを必要とする高い噴出し力を備えたエアノズルの場合に特に重要です。 また、圧力降下が発生しないよう、圧縮空気システムのサイズが小さくならないようにすることも重要です。
A small dimensioned pipe is connected to a wider dimensioned pipe.

噴出し力の微調整

エアノズルが取り付けられている場合、必要以上の圧縮空気が使用されないように、噴出し力を調整することには利点があります。 こうすることで、エネルギー消費と空気の量を最小限に抑えることができ、これにより音のレベルも下がります。噴出し力を微調整する最良の方法は、供給圧力を調整することです。 これは、圧力調整器を使用することで最適に行われます。 空気の量を調整する、いわゆるスロットルバルブを使用することもできます。 ただし、これにより一定量の乱流が発生する可能性があります。

A pressure regulator installed on a compressed air system.

エアノズルとオブジェクト間の距離

最良の結果を得るには、エアジェット全体が最大限に活用されるように、エアノズルとオブジェクト間の距離を調整する必要があります。 正しい距離は、アプリケーションのタイプによって異なります。 たとえば、一般的な洗浄用途では、200〜300 mmのブロー距離をお勧めしますが、油性液体を吹き飛ばす場合は、短い距離をお勧めします。 距離に加えて、エアジェットがオブジェクトに接触する角度も重要です。 液体を除去することを目的としたアプリケーションでは特に重要です。

当社の一部製品