検索
Generic filters
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt
Silvent air knife with air jets on gray background

何をお探しですか?

圧縮空気をブローするための効率的でカスタマイズされたエアナイフ

エアナイフは、表面や物体から液体、汚れ、削りくずなどを吹き飛ばすためによく使用されますが、エアカーテンを作成するためにも使用できます。

Silventエアナイフを取り付ける2つの理由

対象物のカバー幅が広い場合、圧縮空気をブローするためにエアナイフを取り付けると効果的です。すべてのSilventエアナイフには、高い噴出し力、低エネルギー消費、低騒音レベルの最適な組み合わせがあります。

 

エネルギー効率の良いエアナイフ

圧縮空気をブローすると、大きな節約ができます。オープンパイプは、固定設備で圧縮空気をブローするためによく使用されます。長い目で見れば、オープンパイプが乱流を引き起こすため、これは、非効率的でエネルギー集約的な方法です。したがって、効率を高めてエネルギー消費を減らすには、エアナイフの使用により乱流を減らし、圧縮空気を最適に利用する必要があります。

Silventのエアナイフはすべて、圧縮空気の使用を最適化し、乱流と騒音レベルを低減します。これは、均一で滑らかで直線的な、いわゆる層流エアジェットを作成するSilventテクノロジーのおかげです。特別に設計されたエアナイフにより、圧縮空気を最適に使用し、無駄なエネルギーを減らして乱流を作り出すことができます。これにより、エネルギーとお金の両方を節約できます。

 

幅広いアプリケーションエクスペリエンス

Silventのアプリケーションエンジニアは、圧縮空気をブローする分野で独自の専門知識を有しており、世界中の企業が業界固有のアプリケーションを日常的にサポートしています。現在、Silventの製品は、90か国以上で効率を高め、騒音レベルを下げ、圧縮空気の使用を最適化するために使用されています。これは、広範なアプリケーションエクスペリエンスと独自の製品の組み合わせのおかげです。

Silventのエアナイフは、標準製品とカスタムソリューションの両方で構成されています。標準製品は、短距離から長距離までのさまざまな距離で使用するように設計されているため、カスタムエアナイフほど効率的ではありません。 SilventのカスタムエアナイフはSILVENT 300™として知られており、独自の用途ごとに最適化されています。 Silventのアプリケーションエンジニアは、SILVENT 300™を設計する際に、顧客のニーズと要件に完全に応じて作業します。

Silventのエンジニアは、可能な限り最良のソリューションを達成するためのノウハウを喜んで共有します。弊社の担当者にお問い合わせいただくか、以下のお問い合わせフォームにご記入ください。連絡させていただきます。

Silvent - Patented Air Technology

適切なエアナイフを見つけてください!

アプリケーションを改善するためのエアナイフの提案をお手伝いさせていただきます。 以下の8つの質問に答えることから始めてください。早急にご連絡いたします。

Curved background

ブロー用途に適したエアナイフを選択する

効率を上げるには、特定の用途に合わせてエアナイフを調整する必要があります。これにより、噴出し力、角度、エアナイフのカバー幅を特定の用途に合わせて最適化でき、可能な限り最高の結果が得られます。さもなければ、目的の結果通りに作業が行われなかったり、圧縮空気が過剰に使用されたりするリスクがあります。そのため、エアナイフの設計は、独自のアプリケーションごとに行うことが重要です。通常は、カバーの幅とアプリケーションの目的から始めます。

お客様の要件を満たすエアナイフを見つけるお手伝いをさせていただきます。チェックリストの8つの質問に答えることから始めます。回答に基づいて、当社のエンジニアが効果的なソリューションの提案を作成します。

Silventを選択する際には、噴出し力、角度、ブローパターン、距離、その他の設置に関するアドバイスに関する完全な技術サポートを含む、市場で絶対的な最良のソリューションをお楽しみください。

Silventのアプリケーションエンジニアによる専門的な支援

SILVENT 300™カスタムエアナイフは、可能な限り最も効果的な結果を達成するために、顧客の要件に完全に合わせて調整されるか、個々の用途に合わせて調整されます。 エアナイフは、スウェーデンの本社にあるSilventのエンジニアによって設計されており、すべてのエアナイフは納入前にテストされています。

カスタムエアナイフを注文すると、Silventのアプリケーションエンジニアが独自のソリューションを作成し、レポートに表示します。 レポートには以下が含まれます。

  • 既存のソリューションに関するコメント
  • 新しいエアナイフと技術情報のプレゼンテーション
  • CAD図面
  • エアナイフの取り付け方法に関する情報
  • アプリケーションを簡単にするアクセサリーの提案

Silventの専門知識、経験、SILVENT 300レポートに加えて、噴出し力、ブローパターン、距離、角度、および設置時のサポートに関する完全な技術サポートが含まれています。

エアナイフの取り付け

効果的な噴出し力を確保するには、エアナイフを正しく取り付けて、推奨される調整を実行することが重要です。

 

供給ラインを小さくしないでください

エアナイフを設置する際の最も一般的な間違いの1つは、供給ラインのサイズを小さくすることです。これは、エアナイフのパフォーマンスに影響し、アプリケーションに悪影響を与える可能性があります。サイズが小さすぎる場合、噴出し力が低すぎるか、エアナイフ全体に不均一に分散している可能性があり、これがブロー時に問題を引き起こします。また、圧縮空気システムのサイズが小さくなりすぎないようにすることも重要です。これにより、圧力が低下します。

 

エアナイフと対象物の間の正しいブロー距離

エアナイフと対象物の間のブロー距離は、対象物全体に十分な噴出し力を確保するためだけでなく、騒音を最小限にするためにも重要です。最適な距離はアプリケーションによって異なりますが、一般的な推奨事項がいくつかあります。一般的な掃除用のブローの場合、エアナイフを対象物から200〜300 mm離すことがしばしば利点です。また、オイルベースの液体をブローする場合は、ブロー距離を短くすることをお勧めします。エアナイフの取り付けをさらに最適化するには、エアジェットの角度を最適化することも重要です。これは、液体の除去を目的とするアプリケーションで特に重要です。

 

噴出し力の最適化と調整

アプリケーションを最適化するときは、アプリケーションの目的に合わせて噴出し力を調整することが重要です。こうすることで、作業を行うのに必要な圧縮空気のみが使用されます。その結果、多くの場合、エネルギー消費と騒音レベルを削減できます。圧力調整器を使用して供給圧力を調整することにより、噴出し力を最適に調整できます。空気の量を調整するスロットルバルブを使用して、噴出し力を調整することもできます。ただし、このタイプの制御は特定の乱れを引き起こすことがあります。エアナイフの用途によっては、ブロー面積に応じて噴出し力を調整することもできます。エアナイフの中心でより大きな噴出し力を実現します。

当社の製品の一部