You are currently not visiting the preferred language for your location. Do you want to go to your preferred language?

#159. 含浸用の革の運搬

同社は、含浸プロセスで皮を運搬するために圧縮空気をブローていました。作業を行うために、ドリル穴を使用した独自の設計のエアランプが設置されました。既存のソリューションはエネルギー集約型であり、圧力損失の問題を引き起こし、生産全体の効率に影響を及ぼしました。

結果
エネルギー消費を削減し、一貫したブロー力を確保するために、Silventカスタムエアナイフが取り付けられました。エアナイフは乱気流を低減し、効率的なブローのためにより多くの空気供給を可能にしました。空気の使用量を減らすことで、圧力損失の問題を修正することもでき、これは生産の他の部分にプラスの効果をもたらしました。エネルギーの節約に加えて、生産時の騒音レベルを下げることもできました。
解決方法
カスタムSILVENT 300エアナイフは、アプリケーションを最適化するためにSilventのエンジニアによって設計されました。噴出し力、ブローパターン、ブロー距離、角度を用途に合わせて調整することにより、生産時のエネルギー消費と騒音レベルの両方が削減されました。したがって、経済性と作業環境の両方の面でコンベア作業を改善することができました。
製品: SILVENT 300