検索
Generic filters
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in excerpt

#165. 機械部品洗浄後の乾燥

洗浄後に液体を除去するために、同社は圧縮空気をブローする方法を使用しました。ブローイングアプリケーション上の問題は、乱流の空気ジェットを生成するオープンパイプの使用にありました。オープンパイプの設置は、しばしば特大であり、あらゆる種類の技術的な寸法計算が先行することはめったにありませんでした。これにより、エネルギー消費量が多くなり、圧縮空気のブローが非効率になります。

結果
膨大なエネルギーコストの問題を解決するために、同社は4つのオープンパイプをSilventのエンジニアが設計したエアノズルに置き換えました。 Silventテクノロジーは、周囲の空気を巻き込むまたは引き込む層流を生成します。これにより、年間28,400米ドルの節約とわずか5日間での投資回収が得られました。
解決方法
4つのSILVENT 9002Wエアノズルを使用して、洗浄後に機械部品から液体を除去しました。エアノズルは、機械部品から流体を効率的に除去する平らで鋭いエアコーンを生成しました。エンジニアが設計したエアノズルと十分に計算された寸法により、高価な圧縮空気をはるかに効率的に使用することが可能になりました。
製品: 9002W