問い合わせ先
+46 33-23 79 00
当社のセールス・スタッフが、お客様のご注文やテクニカル・サポートでお手伝いいたします。営業時間: 7 am – 4 pm

圧縮空気

圧縮空気とは?

 

圧縮空気は、通常の空気を圧縮器によって大気圧よりも高い圧力まで圧縮したものです。乾燥した空気で、主に酸素と窒素で構成されています。気温と場所によって異なりますが、大気中には、一定の含水率で乾燥空気に混入した水分も含まれています。

圧縮空気は、大量のエネルギーを安全で信頼性の高い方法で保存できる手段です。このエネルギーは広範囲で使用され、主に世界中のあらゆる産業で使用されています。約90%のメーカーがその生産プロセスにおいて何らかの形で圧縮空気を使用しています。

ガス、水力、電気などの同等のエネルギーは、通常、外部のサプライヤーにより生産拠点に輸送されます。これらのサプライヤーは、規制機関、顧客、業界の組織によって規定された品質、環境、安全に関する基準を遵守する必要があります。一方、圧縮空気は、通常、外部のプロバイダーから提供されるのではなく、生産拠点で製造されます。したがってユーザーが、品質要求を満たし、生産コストをできるだけ抑える責任を負うことになります。

圧縮空気は、数多くの利点を持つエネルギーです。クリーンで安全で、保存と輸送が容易にでき、様々な工業用途に使用できます。圧縮空気は、ねじ回しなどの工具の操作から、運動や昇降、あるいは表面のブローによる材料の清掃、移動、冷却など、あらゆる用途に使用できます。

基本情報

 

圧縮空気は、電気と並び、現在の進化した製造業において最も有用なエネルギーです。圧縮空気は、様々な工具や機械の動力源として機能し、また生産プロセスへの統合性が高く、多くのプロセスにおいて重要な役割を果たしています。圧縮空気のメリットとしては、維持コストが低いこと、電力に関して重量が軽減できること、また過熱することなく長時間の高負荷の作業が可能であることなどが挙げられます。ほとんどの圧縮空気装置は電気と接続されていないため、そこに潜む危険が常に認識されているとは限りません。しかし、電気機械、工具の安全規制を遵守しなければならないのと同様に、危険な事故を防ぐために圧縮空気機器も慎重に取り扱う必要があります。

圧縮空気は大量のエネルギーを高圧で保存するため、誤って使用すると職場での重大な事故につながる可能性があります。したがって従業員は、リスクに関する訓練を受け、企業の安全規則に従うことが重要です。例えば、圧縮空気ピストルを他の人に向けない、などです。また、特定の機器または工具においてメーカーが指定した作動圧力、温度、負荷など、技術的な最大許容値を守ることも重要です。企業と政府の両方にとって、圧縮空気の使用に伴う予防対策はさらに重要となっており、その問題について調査中の国もあります。

圧縮空気によるブロー

続きを読む