問い合わせ先
+46 33-23 79 00
当社のセールス・スタッフが、お客様のご注文やテクニカル・サポートでお手伝いいたします。営業時間: 7 am – 4 pm

エアノズル

圧縮空気によるマニュアルブローは、業界では清掃、乾燥、冷却、分別、又は運搬時によく使われています。多くの人は、圧縮空気装置の操作にかかる費用が大変高いことを考慮に入れていません。平均して、圧縮空気全体の 70% がブローに使われています。ブローは有害な騒音も発生します。

正しいノズルを選ぶには知識と経験を必要とします。Silvent にはそれが備わっているのです。弊社は、様々なノズルを市場に幅広く提供しています。この組み合わせによって、ブロー効果の乏しさ、高い操作費用、高いノイズレベル等、弊社のお客様が抱えるブロー問題の解決に貢献しています。

全ての Silvent エアノズル製品は、強い墳出力、低消費エネルギー、およびノイズレベルの低減を最適に組み合わせています。

 

圧縮空気によるブロー

ほとんどの業界において、圧縮空気によるブローは極めて一般的なものとなっています。ブローを行うために通常の配管を設置することが少なくありません。配管の寸法は、内径数ミリから1インチまで様々なものがあります。多くの場合、要求されるブローイング角度やブローイングパターンを実現するために、配管を曲げたり平らにしたりしています。圧縮空気によるブローは、数多くの目的で役立てられており、その中には次のようなものがあります:

  • 清掃
  • 乾燥
  • 冷却
  • 運搬
  • 分別

 

問題点

ほとんどの場合、オープンパイプの設置前に正式な技術的寸法決めが行われることはなく、空気力学の理論的知識も限られていることが多いため、効率が不十分となるのです。寸法が大きすぎる場合、オープンパイプによるブローを行なうことはできますが、次のような欠点があります:

  • 有害な騒音を発生する激しい乱気流
  • 過度のエネルギー消費、すなわち高価な 圧縮空気の無駄使い
  • 塞栓症のリスクなど危険な作業環境

 

Silvent技術がソリューション を提供します

長年にわたる研究により、特許取得済みの有名なSilvent技術の開発に至りました。その基本方針は、オープンパイプが生み出す乱気流や騒音の大きい気流ではなく、均一で安定したストレートな気流、いわゆる層流を作り出すことです。どのSilventのノズルも、強力な噴出し力、低いノイズレベル、少ないエネルギー消費量の最適な組み合わせを実現しました。オープンパイプをSilventの圧縮エアノズルに交換すると、通常次のようなメリットがあります:

  • ノイズレベルを半減
  • 空気消費量を30%以上削減
  • 当局の安全要求事項に準拠

使用方法

続きを読む

基本情報

続きを読む