問い合わせ先
+46 33-23 79 00
当社のセールス・スタッフが、お客様のご注文やテクニカル・サポートでお手伝いいたします。営業時間: 7 am – 4 pm

推奨事項

騒音レベルを抑制するには、さまざまな方法があります。提案内容を固めるには、まず騒音レベルの測定を開始することが重要です。

音のレベルの測定

 

音のレベルの測定には騒音計が使用され、音圧レベルはdB(A)の単位で表されます。測定では、騒音計のマイクを音源に向け、音源から1m離れた場所から、音の方向に対し90°の角度となるようにします。測定は複雑なものではありませんが、使用する騒音計がIEC 61672 クラス2 (改正前はIEC 60651 (651) タイプ2)、ANSI 51.4 に適合していることを確認して下さい。

8時間での等価騒音レベルを測定するには、暴露騒音を測定する対象の人に騒音線量計を付けます。騒音線量計は、個人が身につけ、測定時間中に個人が曝される騒音の合計量を測定するために使用されます。

各従業員が曝されるノイズの測定から始めます。一般的な騒音レベルの測定も行いますが、典型的な作業状況において測定を行うことが大切です。測定結果を、騒音暴露に関する規定に定められた制限値と比較し、作業場または職場周辺の騒音レベルの変化を分析します。測定は、ノイズマップを使用して表すのが最も効果的です。各ノイズ発生源において従業員がどの程度曝されているか調べます。ここで重要なのは、ノイズ源の種類、ノイズレベル、暴露時間のデータを取ることです。この作業には、最新の測定装置と専門的な知識が必要ですので、専門家が作業を行わなければなりません。

対策の提案

 

慎重にノイズのマッピングを行った後は、実際に講ずる対策の提案を行います。従業員および安全衛生対策の代表者が計画、意見を提出する機会を設けることが重要です。通常、以下のような複数の対策を組み合わせることが必要となります。

– 機械またはノイズ源に直接関連する対策

– ノイズ音源の封じ込め

– さらに音の静かな機械や設備への切り替え

– 作業手順の差し替えまたは変更

– 吸音材料やスクリーンの導入など作業現場における対策

– 防音管理室または監視室

– 作業者の配置替え

現場での実践

 

従来の大きなノイズを発生する機械や生産プロセスを新しいものに替えるには大きな資本が必要となります。

もう1つの騒音保護対策は、従業員に聴覚保護具の安全な使用方法を教育することです。この方法における従業員のための安全対策は、技術による解決に基づいているのではなく、従業員の考え方を変え、聴覚保護具の使用を促すことに焦点を当てています。

この分野の研究では、騒音被害対策としての聴覚保護具の使用は、不快であり、他人とのコミュニケーションが難しくなることなど職場でのデメリットが発生するため、効果が低いという結果が示されています。

したがって、適切な聴覚保護具を選択することが重要です。選択するべき適切な聴覚保護具は、職場での関連する騒音の状況によって決まります。聴覚保護具は、騒音が存在する場所における周波数で防音を行う、適切な音響特性を持つものでなければなりません。

聴覚保護具のメーカー各社は、異なった周波数における製品の減衰効果の平均値と偏差値を提供しており、これらは様々な周波数における騒音保護対策の計画に役立ちます。