問い合わせ先
+46 33-23 79 00
当社のセールス・スタッフが、お客様のご注文やテクニカル・サポートでお手伝いいたします。営業時間: 7 am – 4 pm

圧縮空気によるブローにおけるリスク

リスク

 

圧縮空気は通常の空気とは異なります。圧縮空気は、気流が高圧、高速で凝縮されたもので、操作する人やその周りの人に重傷を負わせることもあります。

圧縮空気を軽く扱うと致命的な事故につながる恐れがあります。一例として、軽い冗談のつもりで作業中の人の背後で突然空気を噴出したため、作業していた人が驚いて前方に倒れ、稼働中の機械部分で重傷を負った事故があります。圧縮空気を誤って噴射すると、目に重傷を負ったり鼓膜の破裂につながる恐れがあります。圧縮空気を口に向けて噴射すると、肺や食道に損傷を与える場合があります。体から汚れや埃を取るために軽率に圧縮空気を噴射すると、保護衣を重ねて着ていても空気が体内に入り、内臓に損傷を与える危険があります。

圧縮空気による最も重大な損傷は、開いた傷口などから空気が皮下に入り込むことによって起こります。この場合、気泡が血液に押し込まれて血流によって運ばれる塞栓症を引き起こすことがあります。気泡が心臓に達すると、心臓発作と似た症状を引き起こします。気泡が脳に到達すると脳卒中を引き起こす場合があります。こうした損傷は直接死につながる可能性があります。圧縮空気には少量ながら油やごみが含まれていることが多く、圧縮空気が体内に入り込むと重度の感染症を引き起こす場合もあります。

ノイズに関する規制

続きを読む