すべての人に良好な労働環境の権利

良好な労働環境は、優れて機能的であり、成功する職場にとって不可欠です。良好な労働環境の定義は、国際労働機関 (ILO) によると、誰も身体的または精神的な有害事象を受けない労働環境です。

1 時間毎に 36,720 人の労働者が負傷

1 時間毎に、36,720 人が職場で負傷しています。ヨーロッパでは、製造業者が最も影響を受けるセクターの  1つです。統計は、我々が心身の労働環境を改善し続けなければならないことを示しています。

雑音は、永続的な損傷の原因

雑音が多い職場による耳鳴りや聴力損失は、普通にみられます。典型的な間違いは、80dB(A) 未満の雑音レベルであれば無害であると思っていることですが、このレベルでも生涯に渡る損傷を与えることがあります。損傷は目に見えず、連続して現れ、影響を受ける人々が報告されていない件数の論拠になっており、大きいです。

「Silvent で、我々は世界中のメーカーの労働環境を改善するために、積極的に働いています。すべての人に良好な労働環境の権利があります。」

血流中の空気は致命的

誤って使われると、圧縮空気は危険です。誤って使われると、空気が血流に入り、例えば心臓発作や脳卒中などの重傷を引き起こすことがあります。圧縮空気は、決して身体の方へ吹きつけてはいけません。