問い合わせ先
+46 33-23 79 00
当社のセールス・スタッフが、お客様のご注文やテクニカル・サポートでお手伝いいたします。営業時間: 7 am – 4 pm

エネルギーとしての圧縮空気によるブロー

運用コスト

 

圧縮空気は、ほとんどの場合、電力によって作動する圧縮機によって作り出されます。例えば欧州の製造業では、その電力消費量の3%が圧縮空気の製造に使用されています。圧縮空気製造コストの大半は供給エネルギーである電力消費であり、10年間に渡りコスト全体の約70%を占めています。その他の主な費用としては、投資コスト、サービスとメンテナンスにかかる費用があります。

供給されるエネルギーの大半が漏出、熱、アイドリングによって失われることを考えると、空圧システムの効率向上は大幅なコスト削減につながります。定期的な空圧システムの運用中に20-50%が漏出によって失われるのは珍しいことではありません。

圧縮空気によってかかるコストは?

 

価格計算と購入のための第一歩として、1立方メートル当たりの水、キロワット時当たりの電力、1km当たりのトラック輸送コストといった特定のコストを知っておくことが重要です。しかし通常、圧縮空気にかかるコストが注目されることはほとんどありません。研究では、意思決定者の大半は1立方メートルあたりの圧縮空気にかかるコストを知らないことが示されています。圧縮空気は通常、外部から提供されるのではなく生産拠点で製造されるため、コストを簡単にモニターする方法がありません。

圧縮空気にかかるコストを知るには?

続きを読む

空気消費量の測定

続きを読む